ミッキーのほっぺ

2-2.5-3次元を旅行中。 #降谷零を100億の男にする会

おばあちゃん

先日、身内に不幸があり急遽横浜に行ってきました。

 

行きは博多駅で買った駅弁!

f:id:bunnyhophop:20190307041436j:image

f:id:bunnyhophop:20190307041443j:image

このお弁当とっても美味しかった☺️❤️

 

前の席の人1〜2歳の子供がよく喋る子だったんだけど、ま〜〜とてつもなく頭の回転がいい子で面白かった。

こりゃ将来大物になるな!と。(笑)

 

初日は、亡くなったおばあちゃんと最後に外食した崎陽軒に行きました。

おばあちゃんが美味しい美味しい!ってご飯食べていた姿を思い出す。

また一緒に食べたかったなぁ。

(今回中華屋さんに2回行ったので、それはべつの記事でまとめて。)

 

亡くなってから葬儀終わるまで、とにかくなるべく笑顔を崩さない様に、と頑張っていたんだけどそれも最後の方では崩れてしまったし、寂しいとか悲しいとかだけでなく胸中複雑な思いもあって、様々な感情がぐるぐるぐるぐるしてなかなか実感が湧かず、ぽっかりしている。

ただ、人の死というのは人生この先薄れるとか忘れるってことではなくてずっと抱えていくものだからこそ、時間をかけつつも少しずつ気持ちの整理していけたらいいな。

そして、これはもう別離や死っていうことを通して毎回思うけれど、

会える時に会う、

謝ることは前のことでもきちんと直接謝る、

大好きな気持ちは会える時に言う、

たくさん思い出を作れる時に作る、

と、本当に思う。

自分も含めて、いきとしいけるすべての存在は、人でも植物でも動物でもなんでも地球上の概念でいう限られた時間枠の中で生きているのだから、変に片意地はったりプライドに邪魔させることなく、自分ができうる範囲で行動していきたいね。

 

もっと話したかった、遊びたかった、教わりたかった等々叶わない願いは尽きないけれど、肉体から解き放たれたいまどうぞ安らかにおやすみください。